Lorem ipsum
HELLO!!

HELLO!!

ブログ RE TOKYO
RE / 而意(アールイーと読みます)の立ち上げ準備を始めたのが2016年、最初の実験店舗として中国・北京の建外SOHOエリアに事務所を改装した店舗を立ち上げたのが2017年でした。 建築家として北京で活躍していた菅根史郎と「何かを始めよう」と話し始
2023.10.18
愛知(名古屋)、滋賀(信楽) 出張 DAY2 PART:2

愛知(名古屋)、滋賀(信楽) 出張 DAY2 PART:2

ブログ RE TOKYO
愛知(名古屋)、滋賀(信楽) 出張 DAY2 PART:1に続き、Day2 Part2の投稿です。 3部に分かれた今回の読み物。今回で終わりとなります。 お付き合い頂いた方々、ありがとうございました。 では、ご覧ください。 財布が軽くなったところ
2024.02.22
愛知(名古屋)、滋賀(信楽) 出張 DAY2 PART:1

愛知(名古屋)、滋賀(信楽) 出張 DAY2 PART:1

ブログ RE TOKYO
愛知、滋賀 出張 DAY1 に続き、DAY2のレポートをお届けします。 2日目は名古屋からさらに足を伸ばし、滋賀県信楽市に行ってきました。 それはPAPERSKYが主催し、Circlesさんがスポンサーにもなっている、ツールド・ド・ニッポンin甲賀
2024.02.16
愛知(名古屋)、滋賀(信楽) 出張 DAY1

愛知(名古屋)、滋賀(信楽) 出張 DAY1

ブログ RE TOKYO
中国・北京と上海での実店舗、千駄ヶ谷ショールームの展開をしているRE/アールイーとは何も関係の無さそうなこの2つの場所。 ですが、自転車を通して自分らしい生活を実現して頂く事を目指す僕たちにとって訪れたいお店、そして体験したい事があり、2日間の出張へ
2024.02.08
中国出張レポート 05

中国出張レポート 05

ブログ RE TOKYO
その9  成長の礎 最大にして最強の店  朝陽大悦城店 REは2017年、北京で実験店である建外SOHO店を開店したことから始まります。 翌2018年に第1号店の北京嘉里センター店をオープンしました。 2019年12月には北京三里屯に期間限定のPO
2024.01.26
RE北京祥雲小鎮店(SHINE HILLS店)OPEN PARTY!!

RE北京祥雲小鎮店(SHINE HILLS店)OPEN PARTY!!

ブログ RE BEIJING
2023年11月11日(土)に「RE北京祥雲小鎮店」がオープンしました。 北京における6店舗目の展開となり、CICLOREやBROMPTONなど車体の販売からメンテナンス、ライドイベントの開催までを扱う自転車業態、日本ブランドを中心として展開をして
2024.01.18
秋ヶ瀬の森バイクロア13・BIKELORE 13 参加レポート その2

秋ヶ瀬の森バイクロア13・BIKELORE 13 参加レポート その2

ブログ RE TOKYO
2024年第一弾の投稿は2023年12月に開催された秋ヶ瀬の森バイクロア13の参加レポート その2です。 BIKELORE参加レポート その1も合わせてご覧頂ければと思います。 皆さんが思い浮かべる自転車のイベントってどんなものですか?多分真っ先に
2024.01.15
年末のご挨拶

年末のご挨拶

ブログ RE TOKYO
2023年を振り返って アールイーをスタートさせたのが2017年、今回で7回目の年末を迎えます。 思い返してもここまでの道のりは真っすぐではありませんでしたが、それでもここまで継続出来たのは皆さまからアールイーを支持して頂き、また様々な形で僕たちを
2023.12.27
秋ヶ瀬の森バイクロア13・BIKELORE 13 参加レポート その1

秋ヶ瀬の森バイクロア13・BIKELORE 13 参加レポート その1

ブログ RE TOKYO
冬の入口、毎年12月の最初の週末に開催される秋ヶ瀬の森バイクロア・BIKELORE (以降、秋ヶ瀬バイクロア)は僕たちが毎年心待ちにしているイベントです。 まず簡単にバイクロアの説明をすると、2011年に自転車好きの有志がほぼ手弁当でスタートさせた
2023.12.20
中国出張レポート 04

中国出張レポート 04

ブログ RE TOKYO
その7 Wellnessとは  前灘太古里店 中国大都市の中でも有数のショッピングモール激戦区である上海。 新規開業の多くのモールはただの消費の場ではなく、テーマ性や体験型の付加価値を打ち出しながら運営されています。 太古(Taikoo)ブランド
2023.11.30
60/40 CLOTH

60/40 CLOTH

ブログ RE TOKYO
今回は23AW CICROLEアパレルラインの中でもメインファブリックとなっている60/40クロスについて少しだけ深堀りをしてみたいと思います。 まずは60/40クロスが使用されている代表格アイテムである、 マウンテンパーカーといえば、この写真という
2023.11.24
チタンフレームの魅力

チタンフレームの魅力

ブログ RE TOKYO
普遍のチタンフレーム アールイーがチタンに拘る理由 RE/アールイーのオリジナル車体「CICLORE/シクローレ」は全てのラインナップのフレームがチタンで構成されています。(ミニベロのAroundだけスチールモデルがありますが・・) なぜ僕たちREが
2023.11.17